アンチウイルスと総合セキュリティがある

セキュリティソフトといってもいくつかの種類があります。ウイルスを検出して駆除してくれるアンチウイルスと呼ばれるタイプ、アンチウイルスにファイアウォールが追加されたことで外部からの不正アクセスやこちらからの勝手な送信を防ぐことができるインターネットセキュリティタイプ、その他にも暗証番号やパスワード等を管理するセキュリティソフトを提供しているメーカーもあります。

一般的にはウイルスの発見と駆除をするアンチウイルスを入れておけば十分なケースがほとんどでしょう。しかしながら、ウイルスの中にはウイルス対策ソフトでは発見できないものや、ウイルスではなくても暗証番号やパスワード等を不正に騙し取る行為を行うメールや偽装ウェブサイトが存在しています。そういった悪質な詐欺サイトをも今のセキュリティソフトは対応してくれることがあります。

そう考えるとネット上にはとてもリスキーなことが多々存在しているのです。たとえウイルス対策などせずとも問題なかったとしても、ウイルスは気がつかないうちに進入し、バックグラウンドで行動を起こします。つまり、目に見えてわからないケースが増えているのです。

一般的にはまずはアンチウイルスを、よりセキュリティ強化の意味ではファイアウォール対応のインターネットセキュリティを選ぶと良いでしょう。

ウイルス対策のおすすめサイト

強力で人気のおすすめウイルス対策ソフト セキュリティソフトNAVI
ウイルス対策ソフトをわかりやすくご紹介しています。セキュリティソフト選びにご活用ください!